公認審判員になるには…。

長崎県における審判資格制度は下記参考資料の通りとなっております。

審判資格制度(PDF)


※見方  ?資格基準 ?活動 ?任命権者 ?資格審査 ?受講資格 ?審査内容  ?問い合わせ

長崎県公認 
?地区レベル ?長崎県 ?県協会 ?地区協会、ミニ・クラブ連盟 ?審判活動を行いたい者 ?実技、ルールテスト、1年に1回、¥3000、更新3年 ?審査会・講習会・資格申請は、地区協会、ミニ・クラブ連盟の審判長

長崎県公認S級
?県レベルの主審 ?長崎県 ?県協会 ?県協会 ?県協会推薦者 ?日本公認引退者の内、日本公認10年以上の実績(活動:長崎県内)公※自己推薦で,県審判委員長の承認が必要 ・県公認で20年以上の実績があり,年齢50歳以上S ※地区協会審判長推薦で県審判委員長の承認が必要 ?県審判委員会

日本公認
?県レベルの主審 ?全国 ?日本協会 ?県協会 ?地区協会推薦者、県公認として1年以上、審判活動したもの ・審査会実施前年度に、一般・クラブの大会の参加実績がある方 ?実技、ルールテスト、体力テスト、2年に1回、¥9000、更新 2年 ?県審判委員会

日本公認 A級
?ブロックレベルでの主審 ?全国 ?日本協会 ?九州協会 ?九州協会推薦者 ?実技、ルールテスト、体力テスト、1年に1回 ?県審判委員会

日本公認AA級
?国内全てのゲームの主審 ?全国 ?日本協会 ?日本協会 ?日本協会推薦者 ?実技、ルールテスト、体力テスト、英会話、1年に1回 ?県審判委員会

国際公認
?国際ゲーム ?国際 ?国際連盟 ?アジア連盟 ?日本協会推薦者 ※35歳までが対象 ?実技、ルールテスト、体力テスト、英会話 ?県審判委員会

 

カテゴリー: 公認審判資格制度/長崎県 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。