九州クラブ選手権大会報告/鵜瀬優太郎

■開催日:平成22年2月13~14日
■会場:熊本県菊池郡大津町
■第1日目
 松永(主審) 〈男子1回戦〉・〈男子準々決勝〉
 朝村(主審) 〈女子1回戦〉
 鵜瀬(主審) 〈男子1回戦〉
■第2日目
 松永(主審) 女子5決T
 朝村(副審) 女子5T決勝
■所感
相手レフリーとのプレゲームカンファレンスをしっかりした上でゲームに臨みました。九州クラスで主審を務めたのは今回が初めてで緊張しましたが大きなトラブルもなくゲームを終える事ができました。それだけに自分のアピールが足りなかったし、トレイルの位置が高かったり、相手レフリーとのダブルホイッスルが少なかったりと課題はあり県内大会で指摘を受けてる事がまだまだ修正できてない状況でした。残念ながら最終日の割り当てはいただけませんでしたが色々な方のレフリングを見る事が出来たり上級の方と話ができたりと多くの収穫を獲ました。これを県内に持ち帰り審判活動に役立てていきたいと思います。
最後の挨拶で佐賀の正木氏が言われていましたがルール、マニュアルをしっかり把握した上でゲームを裁く。その事によって信頼されるレフリーになる。基本的な動作をもう一度見直していかなければならないと感じました。本当に大事な事です。最後にこのような機会を与えてくださった県審判委員会に深く感謝いたします。長崎国体では割り当てをいただけるように日々精進していきたいと思います。また浦上自動車学校、ストレッチ両チームの全国クラブ大会出場おめでとうございます。両チームの全国大会での活躍を祈ります。  

カテゴリー: 派遣審判員 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。