長崎県(県公認・日本公認)審判資格制度(資料番号1_21_h22)

長崎県バスケットボール協会審判委員会では下記要件に準じて公認審判員を認定しています。
審判員としての活動に興味のある方は一読頂きますようよろしくお願い致します。
既に公認審判員として活動されている方は,昇級あるいは更新手続きの参考にされて下さい。
本投稿記事下部に印刷用PDFを掲載しております。ブログ内では機種依存文字,表組み等が困難であるため,印刷用PDFより抜粋して掲載致します。予めご了承の程よろしくお願い致します。
--------------------–
長崎県(県公認・日本公認)審判資格制度[長崎県バスケットボール協会]

【県公認/長崎県協会】
[資格基準]
・県協会が主催する公式大会を担当する能力のある方(活動:長崎県内)
[資格審査]
・地区協会(長崎・佐世保・諫早・島原・大村・再開・西彼・東彼・松浦・壱岐・対馬・上五島・五島)
・県協会
[受講資格]
・中学生以上
[審査内容]
・実技(中学校以上のレベル)
・ルールテスト
[審査会日程]
・1年に1回(チーム所属地区、自宅所在地区)
[更新手続き]
・登録料:¥3,000円
・更新手続き:3年毎
[備 考]
・審査会を受講したい方は、所属地区協会審判長または理事長まで。
・3年後(平成25年)県公認システムの変更を検討しております。
・ランク制の導入→ 県公認と県公認A
・ランク制の導入に伴い,登録料の見直しも実施予定です。
--------------------—-
【県公認S級】
[資格基準]
・日本公認引退者の内、日本公認10年以上の実績(活動:長崎県内)のある方。
※自己推薦で、県審判委員長の承認が必要。
・県公認で20年以上の実績があり、年齢50歳以上の方。
※地区協会審判長推薦で県審判委員長の承認が必要。
[備 考]
・登録料:無料
・更新手続き:3年毎
・ご質問は県審判委員会まで
--------------------—-
【日本公認/日本協会】
[資格基準]
・県協会が主催する公式大会の主審を担当する能力のある方(活動:全国)
※目標(審判技術):県レベルのベスト4以上での審判、九州レベルの審判
[資格審査]
・県審判委員会
・県審判審査委員
・ブロック審査を実施し,通過者を査定する二段階方式。
a.長崎地区(長崎・西彼・西海・五島)
b.中地区(諫早・島原・大村)
c.佐世保地区(佐世保・松浦北松平戸・東彼・対馬・壱岐・上五島)
[受講資格]
・年齢:15歳以上の方。
・県公認として1年以上、審判活動した方。
・審査会実施前年度までに一般クラブの大会の参加実績がある方。
・意欲的に審判活動が継続できる方。
・各地区協会審判長の推薦を受けられた方。
[審査内容]
・実技(2段階審査)…第1次審査(地区審判長推薦):地区高校新人→<合格:ブロック審判長推薦:各ブロック4名以内>→最終審査(12名以内)
・ルールテスト・体力テスト
[審査会日程]
・2年に1回
[更新手続き]
・登録料:¥9000 ・更新手続き:2年毎
[備考]
審査会を受講したい方は、県公認登録地区協会審判長まで。
-------------------------—
本内容(資料番号:12_21_h22)の印刷用PDFはこちら

カテゴリー: 公認審判資格制度/長崎県 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。