WJBLに招聘した外国人国際審判員の記事/日本協会

 Wリーグでは「トップレベルのジャッジを経験し、競技力向上を目指す」ことを目的として、プレイオフにて外国人の国際審判員(FIBAレフェリー)を招聘している。
 今年度はセミファイナルで主審を務めたカロリーナ・アンダーソン、マヤ・ブカノヴィッチさん、ファイナルで主審を務めたクレマー・ペトラさんの3人が初来日。3人に試合の感想、日本のバスケットボールの印象、そして、自身が活動するヨーロッパの状況や国際審判員としてのモットーをうかがった。(WJBLHPより抜粋)

※掲載HP  ←ここをクリック

カテゴリー: 日本協会部会ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。