中村璃々奈(佐世保市)第10回九州女性審判研修会報告書

 今回初めての派遣ということで、貴重な時間を与えて下さったことに心から感謝申し上げます。今の私のバスケットの知識の少なさや、一つ一つはっきりとしない合図、迷いのある判定でゲームを運営出来なかったこと、そして選手が安心してゲームが出来ない状況にしてしまったことに私の力不足と未熟さを含め深く反省するべき点だと思います。

各県の女性審判員の方々のジャッチ、ポジション取り身体の向き、全てを自分と重ねてみた時に自分のレベルの低さを改めて痛感させられました。判定一つにそれぞれの自分のしっかりとした意思があり周りを納得させるような回答であったり、なにより公認らしい笛の大きさであったり、堂々としたレフリー姿に圧倒しました。

しかし、この二日間を通して九州各県の女性審判の方々と話せる機会に参加させていただいたことによって私自身、審判としての目標を再確認することが出来ました。

そして、こんな私にも丁寧に指導してくださった審判の方々にも心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。この2日間の貴重な体験を無駄にせずこれからの審判技術の向上に活かしていきたいと思います。

各県の女性審判員の方々のレベルの高い判定と自分なりの回答を聞いたり見たりしてすごく濃い時間を過ごすことが出来ました。バスケットに対するみなさんの熱い視線と思いを感じ、私自身まだまだ未熟ながらも改めて負けられないという気持ちを持つことが出来ました。

2日間の貴重な時間をいただき本当にありがとうございました。

カテゴリー: 研修会参加報告書 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。