片岡瑞季(島原市)第10回九州女性審判研修会報告書

今回、私は初めて県外派遣に参加させいただきました。二日間、各県の女性審判がいる中で、県公認の私が一緒に吹かせてもらい、女性としてのいろんな悩みや審判事情などの会話をし、たくさん学ぶことが出来ました。講師として九州審査委員の正木和正氏、熊本県日本公認A級の津田博夫氏より『女性審判員だからとマイナスイメージを持たれないよう、強い気持ちと決断力を養いなさい』そして『ルールの理解と適応』という言葉をいただきました。二日目に関しましては、私の試合が1試合目で終わり、最終ゲームまで、試合を見て、一試合一試合の反省を見学させていただきました。沢山の事を学ばせてもらいましたが、その中でも特に印象強かったのが、「プレイヤーの質を早く見極める」という事です。経験の少ない私にとって、ゲームの質、選手の質を感じ取るのにはまだ時間が掛っていた事です。今回の派遣で沢山の反省点ができました。この反省点を一つ一つ確実にクリアしていくためにも、今回各県から参加されました女性審判員の方々のように、もっと高いレベルのレフリーを目指してこれからの審判活動で努力して取り組んでいきたいと思います。また来年も参加できるよう、これからいろんな会場に足を運んで、沢山のゲームを吹かせてもらい、審判技術の向上に努めていきたいと考えています。そして、こうやって審判活動が出来る事を沢山の方に感謝していきたいです。

派遣先でお世話になりました窪田先生を始め、佐賀県バスケットボール協会の皆様、そして今回の派遣に参加させてもらいチャンスを与えてくださいました長崎県バスケットボール協会の皆様に沢山の感謝を申し上げ、派遣報告とさせていただきます。

二日間、本当にありがとうございました。

カテゴリー: 研修会参加報告書 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。